Welcome to my homepage

婚活で普通の人を求めるのは高望みだと友人の話を聞いて思いました

婚活に普通の人なんていません。 年収は多いに越したことはないけれど、平均的な収入と安定した仕事を持っていれば十分。ルックスもよっぽど酷くなければ、清潔であるだけで十分。

年齢も開き過ぎていなくて、健康なら十分。少し、リードして頼れる男性を求めている。けっして高望みしてるわけではないのに、どうして、普通の人に出会えないんだろうといっている友達がいます。 でも、婚活で「普通の人」を求めているのが高望みなのではないかと友人の話を横で聞いていると思わずにはいられません。

まず、頼れて、積極的な男性はそもそも婚活市場にいないと思います。婚活など宣言せずに、すでに、積極的に結婚していると思います。誰かに紹介してもらわなければ、女性と知り合えない男性だけが婚活していると思います。そんな男性に、いきなり女性がもとめるような「リード」をしろというのがかなりのハイレベルだと思いました。

そして、みんな、友人もふくめて、自分のことを「普通」だと思っていると思います。あるいは、ちょっとした「癖」くらいはおちゃめで許されると思っていると思います。食事のマナーなど、見ていて不愉快なものが多いですが、当人達はまったく気にしていません。

私も、自分は普通だというその友達がラーメンの汁を飛ばしながら食べているのを見て、どうかなぁ、男性なら引くんじゃないかなぁ、でも私が言うのも面倒だしなぁ。友達の親だった注意するけれど、と思ってしまいます。普通の人と出会えないと嘆くよりも、まず自分を見つめ直すのが近道だと思いました。

そして、相手の普通じゃない部分でも、それが許せる範囲なのかどうなのかも少し譲歩してもいいと思いました。私は剥げているくらいいいじゃんと思いました。ふさふさの人と結婚したからといって、一生ふさふさである保証はないのだし。でも、歯が汚い人が嫌だという友人の言葉には同意しました。凄く生活がだらしなく、乱れているイメージがあります。

▲pagetop